愛すべきおバカ

軍隊と言うのは所属する国家の国民と財産、領土を守ることを使命とし、命を犠牲にしても国を守るために日夜過酷な訓練で体と技術を磨き上げる・・。


、決していつも真面目と言う訳ではない。

今回はそんな世界各国の軍が持つおバカなエピソードを紹介しましょう。※ドイツは真面目すぎてエピソードが無かったので、大戦中のナチスのエピソードです。

1 日本国

まずは我らが自衛隊。
現在の陸上自衛隊の主力戦車である74式戦車の開発をする時、105mmライフル砲を搭載する事を決めたはいいもののその105mm砲の反動がどういうものかわからず、コンピューターによるシミュレーションも出来ない(開発当時1967年)のでどうしたものかと考えた結果・・・

そうだ、実際に撃ってみよう

こんな京都に行くようなノリで中古のM4戦車の砲塔に無理やり105mm砲を装着!
ちなみにこれがM4。シャーマンといえば少しは名の知れた大戦中の戦車です。
280px-Saint_Mere_Eglise_2006_Sherman.jpg


で、測定機器をつけていざ発射!!

ずどーん!!  あ、とれた・・。

砲塔ごと後ろに吹っ飛んで測定機器も全部パア。結果、出された報告は

「とりあえずスゲェ」

だったそうな。
-----
ある陸上自衛隊の自衛官のお話で、仲間数人と飲みに行った時のこと。

みんな飲みまくってテンションも上がり、フラフラと歩きながらふと、足元を見ると・・

ザッザッザッ・・

横一列に並んだ全員が一糸乱れぬ歩調で歩いていたとか。パレードやイベントで見る自衛官の行進のために鍛えられた結果、酔っ払おうが何だろうが一列に並ぶと足並みがそろう身体になった・・らしい・・。
-------
第3陸曹教育隊。この部隊は東部方面隊隷下の教育部隊で、仕事は階級が上がる人に、その階級にふさわしい人物になるための技能修得と訓練を行う、いわば先生みたいな仕事をしています。
で、この教育隊は略称が3曹教。

別名が山走狂
何故こんな名前がつくのかというと、その訓練内容。
毎日富士山の麓の演習場で銃を担がされたまま十数キロを走らされる。これを3ヶ月間エッサホイサとこなしてようやく終身雇用への道が開かれるわけです。他にも死人が出たという噂のあるところも・・。
完全に関係のない余談ですが、匍匐前進には4~5種類あって、第5の匍匐は最も敵に近い状況下における匍匐になります。その匍匐というのがMGOおなじみのスティックをゆっくり傾けて進むTSNEでの必須技です。

次は糧食。
ミリメシなんて呼ばれる自衛隊の戦闘糧食は、米を使ったものが非常に充実している上におかずもかなりおいしいと評判らしいです。海外からの評価も上々で、アメリカ軍のご飯がその影でまずいと叩かれるのはお約束・・・。
で、この糧食でもらえるご飯のうちの白米を使った白ご飯は、保存のための処置なのか少々癖のある味がなぜかついている上にちょっと黄色かかっててニオイまで放つ、自衛官の選ぶワースト1不人気品です。
そのご飯ですが、状況によっては食器が折れるほどにカッチカチに硬くなることがありまして、そのときの自衛官の言葉が、


「敵にぶつけたほうが役に立つ」

もったいないオバケも出番かどうか微妙ですね・・・。

では旧軍に移りましょう。

2 大日本帝国軍

「イ号無線誘導弾一型乙」。この名前を知っている人は相当マニアックです。

これは言ってみれば現代の誘導爆弾のご先祖様で、目標に誘導して命中率を上げるための研究で作られた爆弾です。
ただ、試験中に事故を起こして結局オジャンになりました。よりによって旅館の女湯に落ちたもんだから、ついたあだ名が

エロ爆弾

・・・ノーコメント!。

次は太平洋を渡りましょか。

3 アメ「だめ」リカ合衆国

1951年にある空軍の大佐が「はぁ・・仕事やめたい・・」と軽く凹んでいるときに、何とかして今の地位から動けないものかと考えて、「そうだ!無茶な計画を出せばいいんだ!」と、実現不可能な計画書を作ってそれが実現できなければ、責任を取って今の職を離れられると思ったようです。
で、早速自分の思いつく限りの無茶な要求を詰め込んだ輸送機の企画書を提出しました。

しかし、世の中はそう甘くない! 4社がその輸送機の設計案を提出してしまい・・

できちゃった♪

300px-86ig-c130-normandy.jpg
採用から52年経った今も60カ国以上で運用され続ける世界最高の輸送機。C-130ハーキュリーズの完成秘話です。
大佐は「んなアホな!」と叫びたいでしょうね・・結果長きにわたって名が残ることに。

ある攻撃機の一幕。
A1-Hと言う攻撃機は、プロペラ機ながら3t以上搭載量を誇る傑作攻撃機で、戦術核すら搭載できる何でも屋のような機体でした。

このずば抜けて優秀なペイロードから、作ったダグラス社から「キッチン以外運べないものはない」とジョークが飛ぶほどだったんですが、さすがダメリカと呼ばれるアメリカ合衆国です。やってくれました。
朝鮮戦争で出撃したA1-Hの装備ですが、投下する爆弾に混じって流し台を設置。

ポイッ

マジで投下しました。流し台を、です。これには続きがあって、ベトナム戦争のとき・・
「もうこの機が搭載したことがないのはトイレくらいである」・・・余計な一言を誰かが言ってしまいました。

「有言実行」
出撃準備をするA1の一枚。
250px-A-1H_VA-25_CVA-41bomb.jpg

A1-H with  BENKI!!

ご丁寧に信管つきの便器です。そんな改造をした技術者も何を考えているのやら・・・。
この後、ちゃんと落としてきたそうです。
実は後日談があって、これを聞いたある兵士が「この機が搭載したことのないのはバスタブくらいのものだ」と聞いて、早速バスタブを装着していたところを上官に「調子に乗るなバカモノ!」と叱られて、バスタブ爆弾は阻止されました。
----

4 グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国。ぶっちゃけ、イギリス。

世界で一番繁栄していたイギリス、その中でも大航海時代を切り開いた歴史と伝統あるイギリス海軍のお話。

実は海軍の軍紀には21世紀になった今でも、「海戦でかっぱらった敵船の山分けの計算法」が記してあります。
つまり、どこかと戦争になってとっ捕まえた敵の船があれば、その計算法にのっとって山分けの計算がされるわけです。
---
「渚にて」と言う小説をご存知でしょうか?
米中を発端にした核戦争によって北半球が壊滅、生き残った南半球にも刻々と放射能が迫る中での人間模様を描いた傑作です。
で、その作者のネビル・シュートが開発に参加した兵器がこれ。
180px-Panjandrum_at_rest.jpg
「パンジャンドラム」
イギリスの長い歴史における最高と名高い駄作兵器です。
これはノルマンディー上陸作戦において、ドイツ軍が海岸線に作ったコンクリ製の壁を破壊するために作られたもので、上陸用舟艇からこいつを走らせて壁を搭載した爆薬でふっとばす、という設計構想でした。
・・まあ、写真を見たとおりの有様で、車輪につけたたくさんのロケットで回りながら走る姿は回転花火です。
pjdex.jpg

結局、迷走してコケた挙句満ちてきた潮によって水没しました。
余談として、当時米軍が考えていた兵器。
rbomb.gif
その名も「ローリングボム」。スパロボに出てきそうな名前ですね・・。
こいつは中にエンジンが入っていて、自走するように作られています。当時は飛行機から大量にばら撒いて戦場を走り回らせて、敵の戦車も兵士も巻き込んで爆発する恐怖の兵器にする・・予定だったのですが、敵も味方もわからないので味方にまで被害が及ぶと蹴られました。

5 ビール飲みオヤジの聖地ドイツ・・もとい、その先祖のナチス。

ドイツはいろんな兵器を発明していましたが、やはりボケをかましたいのかと突っ込みたくなるものもありました。
まずは超ヘビー級戦車「マウス」。
250px-Metro-maus1.jpg
ヒトラー発案のデブ戦車で、重量188t、高さ3.6m、長さ9m(車体)の重戦車として作られました。
平坦な場所でも時速20kmと亀さんで、重すぎるがゆえに橋を渡れないため、完全防水の上シュノーケルがついています。
結局試作だけで不採用に終わったこのおデブを作ったのはポルシェだったり・・。
--
続いての迷作。「足を撃てるマシンガン~」(青色のロボット風に)。
戦車が戦いに持ち込まれてから、懐にもぐりこんだ歩兵に対処する術が研究されてきました。
あまりに近づきすぎると乗っている兵士からも銃が撃てません(装甲の影には撃てない)から、その状況下でも戦えるようにと作ったようです。
vgun.gif
もっているのはこの兵器を鹵獲したアメリカ軍兵士ですが、明らかに「コレ、どうやって使うの・・」って顔をしていますね。
自動小銃にコレをつけていったらまあ故障が多くて多くて・・曲がる部分の銃身が磨り減っていく上に弾のスピードが落ちるもんだから命中精度も最悪です。
果ては先に撃った弾があまりにノロイせいで後続の弾がぶつかったとか。でもそこは技術屋ドイツ、弾をスチール製に変えたりして何割かの弾が砕けることに目をそむけながらも完成させました。
ご丁寧に専用の照準器まで作りましたが、結局オジャンです。

・・コッソリ大戦後にアメリカ軍が自分のマシンガンにくっつけてテストをしてたり、自衛隊も使ってみたことがあるのはナイショ。


ではヨーロッパつながりでおふらんすへ行きましょう。

6 セレブっぽいけど実は普通なフランス

憲兵隊というものがあります。これは軍内部で規律を犯したもの、犯罪を犯したものを捕まえて軍法会議の場に引きずり出す、いわば軍隊の警察です。
しかし、フランスの憲兵隊は違います。
フランスの憲兵隊は、任務がないときは警察と一緒に犯罪者を追いかけているんです。
つまり、軍人と警官が一緒になって食い逃げを追いかけるコントのようなことも起こりうるわけで・・。
---
潜水艦のネーミングセンスもちょっと・・。
フランス軍初の原子力潜水艦「リュビ」、続いて「サファール」「エムロード」「アメティスト」、これはフランス語でルビー、サファイア、エメラルド、アメジストを指しているのですが、これを見てある海軍士官のいった言葉がこれ。

「石って沈むから潜水艦に石の名前つけるのはやめてくれ」

--
7 好物はキムチと世界一と世界初とパクリと起源、嫌いなものは日本と図星を突く正論、ケンチャナヨ韓国。

海軍の常識では、他国に軍艦が向かうときは相手に敬意を表して相手の国旗を掲げるのが常識です。
場合によっては空砲射撃をして「実弾は入っていない。攻撃の意思はない」と証明することもあります。

が、そこは韓国。
2006年に横須賀港に入港して来た韓国海軍の誇る補給艦「デーチョン」
f441a7fe.jpg

アレ?何か間違ってない??
さっき言ったように、表敬訪問時にはメインマストに相手の国旗を大きく掲げて、軍艦旗(軍属であることを証明する旗)は船尾に掲げるのが世界の海軍の常識なのですが、思いっきりメインマストに軍艦旗と国旗を掲げてますね・・
このメインマストに軍艦旗を掲げるというのは「戦闘行為」の証明で、掲げている限りその艦は戦闘中という事を表します。
このような無礼な行為を平気でやってのけて(たぶん相手が日本だからか、単に常識を知らない)堂々と帰るために岸を離れていきました。
しかし、天罰が!
0bc90775.jpg
エンジンをかけたとたん、変速機から漏れたオイルに引火してBOMB!!
ガスタービンエンジンから出火して煙突から火を噴きました。煙突版バックファイヤー!!!
で、海上自衛隊から「一度再接岸してはどうか?」と心配されるも無視して逃げるように帰って行ったそうな・・。
--
F-15Kのお話。
韓国はおねだりの結果対地攻撃用のソフトを抜かれたF-15の韓国仕様を手に入れました。
が、1機128億円もする高価な機体を運用開始から3年で2機オシャカに

コレだけでもすごいのに、失った原因は1「パイロットがGで気絶して墜落」2「マンホールに落っこちて地上なのに墜落。しかも主翼が折れたのに修理できない」・・もうなにも言うまい。
主翼の修理ができなかったのは自前で部品を調達できなくて、共食い整備や整備の回数を減らす事でなんとかやっていたからです。どうにかして整備部品を調達しようと航空自衛隊に共同整備や修理の依頼までしましたが、あっさり蹴られました。
これだけで終わらず、尾翼をぶつけたり色々やらかしているようなのでイーグルもとんだ災難ですね。

---
次は陸軍。
北朝鮮と陸続きなので、韓国の陸軍は結構充実しています(というか、充実させないと危ない)。

最近名前が出た、国産と噂されるけど中身はドイツ製ごにょごにょ・・な戦車「黒豹」。
なんと試運転中に変速機とエンジンを合わせたパワーパックで問題発生
装置自体は出来上がってて、いざ車体に取り付けて走らせたらアウトっぽかったみたいです。
トルコに輸出の約束までしてるんですが・・。

---
自衛隊との演習のときの話。
襲撃側と防衛側に分かれて戦闘訓練を行ったとき、攻撃を行う自衛隊チームが近づいて偵察をしてみると・・

歩哨も立てずにチゲ鍋をつついている韓国チーム。

無論、そのまま奇襲されて全滅判定を受けて訓練は終了。そして出た言葉が「飯食ってたんだぞ。ずるい!」
宿営地に歩哨を立てないというのは、言うまでもなく敵の侵入もわからず奇襲を受ける可能性が高くなります。
奇襲されればあっという間に追い詰められることは明白で、破壊工作やトラップも仕掛けられて何もできないまま基地ごと吹っ飛ばされる恐れもあります。なのにこの体たらく・・。自衛隊があきれるのは言うまでもない。

---
韓国ご自慢のイージス艦(データリンクなし)「世宗大王」。
実はミサイル発射機の数が海上自衛隊のあたごより多いからあたごを越えた!と声高々に自慢してたのですが、予算不足で肝心の武器は武器庫に半分程度、しかも発射機の3分の1に備え付けられるはずの艦対空ミサイルは未だ開発中で中身はスッカスカだとか。
---
海軍が導入している214級潜水艦。
ドイツ製のこの潜水艦は45~50度も艦が傾いたり、長期潜行に必要なAIPS(空気不要推進システム)がまともに動かなくてしょっちゅう浮上が必要だったり、スクリューの騒音が馬鹿デカくて潜水艦として致命的と同じ型の潜水艦を持つギリシャがぶち切れて外交問題に発展したほどの欠陥品。
それを1000億円出して買った韓国・・アーメン。

潜水艦が音を出すと言うのは、、敵の勢力圏内で大出力の電波を飛ばしたり、大きな声で叫ぶこととほぼ同じと言っていいです。
潜水艦は常に敵の位置を探るために音を拾って分析し、そこから敵の潜水艦のおおよその位置と大きさ、場合によってはどこの国のどの潜水艦すら判別可能です。
ここで大きな音を立てると、あっという間にソナーに捉えられて追跡を受けることになります。そうなれば魚雷に追いかけられてお尻に火がつくまでそう長くはかかりません。
P3-Cのような哨戒機にも位置をばらす事になるので、大きな対潜爆雷の洗礼も受けるでしょう。

では少し北上して。

8 ご都合先進国であり世界のコピー機、中国

尋ね人の広告にて。

○○村の道路に戦車を乗り捨てた兵士、すぐに取りに来なさい。困っています。

1台くらい数が合わなくても平気なんでしょうかね?
----
人民解放軍は共産党の持ち物で、決して中国の国軍ではない。共産党の権益拡大と既存の権利の保護を行ってたら、それが勝手に中国と言う国を守ることに繋がっているだけ。
任務が国家の領土の防衛と国民の命と財産の保護である他の国の軍とは存在意義がちゃっかり違うんです。
----
軍・・とはちょっと違うけど軍の基地があるってことで。
揉めに揉めている南沙諸島、あそこは現在中国軍が占拠して実効支配下においています。
よく日本の排他的経済水域にイチャモンをつける中国のお約束のお言葉、「沖ノ鳥島は島でなく岩だ。ましてや護岸工事をするなど完全にニセモノだ!」。

アンタが言うな!
72bb781d.jpg
上から下に向けて時間が進んでいきます。めちゃくちゃ成長してまするがな・・。
ちなみに台湾も別の島か岩かに基地を作っています。いつも主張ばかり一人歩きしていますが、実は冷戦時のキューバみたいな「ホット」なスポットです。
---
台湾と最も近い金門島では、中国本土の住民と台湾の住民がスピーカーでお互いの国を貶し合っていました。
例えば台湾が資本主義にのっとった経済で成功して豊かになっていることから、

「おい、中国!こっち来いよ、メシもうまいし暮らしはいいぞ?この共産野郎!」

と言えば

「うっせ。こっちは労働者の天国だ!貧しくなんてないぞ!」  ・・ちょっとこれは強がりに聞こえますね。

さらに台湾がボケをかまして

「おい共産野郎、こっちにはいい女がいっぱいだぞ!」

なぬ!と思った中国は相談して返し文句を一生懸命考案。
強烈なイッパツをお見舞いしました。

「こっちにはいい女はいないが・・その、安いぞ!!」

堂々と売春を暴露。値段を出してくるあたり、最低である。


-----
第1弾完成です。第2弾はネタが集まり次第また書きます。
ここの話はウソか本当か調べ切れなかった噂程度のものもあるので、マジメな突っ込みはされても正直困るので、冗談を楽しむ程度にどうぞ(=ω=.)ノシ


スポンサーサイト

theme : 日記・雑記
genre : ゲーム

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

大佐「…全く度し難い。」

キムチの国の低脳ぶりには毎度呆れますなw
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
どうもスミレです。
FPSからTPS、アクションに少しRPGなどタコのように手を広げて遊んでます。

・画像はクリックで拡大できます。一部の画像は拡大しないと楽しめないかもしれないので

・その他何かあればメールフォームへ。

・PS3IDのやりとりはセキュリティの都合でメールを使いますのでパソコンのメールで私に連絡ください。

管理人はかなりアニメ見てます。故に暴走した記事がたまに見られますが生暖かい目で見守ってください・・
細かいプロフィールはカテゴリからどうぞ。
pixivにアカウントを持っていますが、絵は描けません。

・基本的にフレンド登録は大歓迎です。ゲーム中やどこから聞いた等でPSIDを知った方は、登録依頼に自分の表示ネームとどこでIDを知ったか、若しくは私と知り合ったかを明記して送ってください。

・ブロ友登録、リンクはフリーです。一言言ってもらえると嬉しいですが、まあ余り変な事でなければお構い無しにリンクしてもOKです。

・小説は2次創作です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
時計はこんな感じで
FC2カウンター
歴史を刻む・・
バナー付きリンク
検索窓はコッチ
調べ物はここから
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

一応参加中でゴザンス
雲隠れ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「衛星がターゲット映像を通信します」
フッフゥ~♪
最新トラックバック