実は違う?

PS3は無事千葉県のPSクリニックへ旅立っていきました。アディオ~ス!ノシ

ブラックホークダウンを見てみました。と言うか、見直してみました。
身体が半分になって死んでいく兵士が印象に残ったこの映画ですが、小説を書くときの参考にするにはもってこいです。
超私的観点から見たいい部分と登場兵器のご紹介をどうぞ。

まず敵が所謂「民兵」であること。今は訓練されたプロの軍人同士よりも軍VSゲリラという戦争が増えていますから、近未来の戦場を舞台にするなら民兵は外せません。
次に軍は軍らしく描かれている事。上層部が融通の利かないカタブツで現場の要請を撥ね付けたり、兵の救助のヘリが落とされて更にリスクを負う事を避けるために救助を行わないなど、あくまで任務と損害に主眼を置くところはいかにもと言う感じです。

それと登場兵器。まず米軍から。
ブラックホークは自衛隊を含めた世界中の軍隊で運用されている傑作多目的輸送ヘリで、10年以上に渡って戦場の第1線で活躍する上に現代戦のヘリボーン※1には必ずと言っていいほど登場する強襲作戦の必需品です。
歩兵の火器はM16とM4の様々なカスタムバージョン。ドットサイト、サプレッサー、アンダーバレルグレネード、グリップ・・これは今でも米軍が現役で使っています。(XM8が制式採用されるはずが、海兵隊と特殊部隊から文句付けられてオジャンになったので)
このように戦場で最も使われる武器の作動状態が見れるのは大きいですね。しかもアンダーバレルグレネードはちゃんと使う所もgood!
続いて民兵(劇中ではアイディード将軍の私兵)。
なんと言っても紛争、ゲリラとこの二つが揃った場所に欠かせないAK47でしょう。
腰だめで乱射するのは民兵のように素人上がり(オタコンの言葉で言えば素人に毛が生えた)の人間がフルオート可能な銃を撃つ時の特徴です。実際の紛争でもこのような光景が見られます。
軍でも新兵が銃と撃つとフルオートに慣れていないのですぐ撃ち尽くします。
AK-47は言わずと知れた世界最高傑作のアサルトライフルのひとつ。
部品のユニット化による高い整備性と扱いの簡便性、部品同士のすき間(不良品じゃなく設計段階のもの。これこそAKの真価)による故障の少なさと生産性の良さ・・どれをとっても素晴らしい出来なんです。
部品同士のすき間は温度変化による金属の変形と生産技術の低い国での生産を考えて精度が多少悪くても動作する事を狙ったもので、その事が機関部に泥が入っても水洗いでまた撃てる程のアホみたいな丈夫さに繋がっている訳です。
しかし、このことが災いして村の鉄工所や鍛冶屋みたいな場所でもじゃんじゃんAKが作られてテロリストに渡る状況を生み出しています。
しかも扱いが簡便なことが更に災いして(数時間から数週間の講習で素人でも100m先のターゲットに当てられると言われる)内戦が終わらない原因の一つになってしまっていました。
オウム真理教が自動小銃を密造していた事件でもこの特性を生かしてのAKの密造でした。知っている人は知っている有名な事件です。

続いてRPG7。これもよく見るものです。テロリストと言えばAK、IED(即席爆弾。所謂路上爆弾の類)、そしてRPGと、こんなイメージが付くほどです。世界中どの戦場でもこの3つは必ずあります。
言ってみればレストランに塩と胡椒のビンが置いてあるのと同じ・・ってそんな平和的なものじゃないですが^^;

ソ連製のRPG7はMGS3にも出てきたように、対戦車を目的にしたロケット砲です。
ただ、分類が微妙な兵器で一応無反動砲の一種となってます。ロケットで飛ぶのは発射後なので。

ちなみに紛争や内戦にせっせと油を注ぐのがAKとコイツで、解決を遠のかせる原因の一つと言われています。それは他国の介入や政府の介入があっても湧き出るようなAKと戦車を破壊できるRPGを容易にテロリストが手に出来るためです。最新の弾頭は鉛筆ほどの芯が装甲を貫くタイプで、イラクでエイブラムス戦車を行動不能に(しかも芯は反対側まで貫通)出来るほど。
通常の弾頭では戦車は破壊できないものの、対人、対非装甲対象では抜群の威力を誇るので、敵味方関係なく便利に使われています。
もちろん米軍の足として使われるハンヴィーは吹き飛びます。

しかし、コイツの真価は対空兵器として使えること。コストパフォーマンスで言えばコイツほど優れた対空兵器(歩兵が携行できるタイプ)は無いんじゃないでしょうかね?
低空のヘリならすぐ撃ち落されます。ゲリラがヘリまで落とせる能力まで持てば、そりゃあ紛争なんて終わりません・・・
で、一番被害に合うのはブラックホーク。空中で停まって兵士を降下させるのがもっぱらの仕事ですからね。
でも気をつけなきゃいけないのは対空兵器として使う時の姿勢。
見てのとおり、後ろに向かって火を噴いて飛んでいくので上に向けると地面に当たった熱風で足をやけどします。
しかも精度はあまり良くないのと、発射した時の煙で即居場所がバレる事が合わさってスーサイド・ウエポンなんてあだ名が^^; 言ってみれば自殺兵器と。

で、テクニカル。これは普通のピックアップトラックに地面に設置して使うような大型の機関銃を乗っけて武装した車を言います。
搭載した武器の威力も火力も高いくせに足が速くて厄介な敵です。
ただ、人はむき出しなので攻撃には弱いです。
有名なのはチャド内戦の別名「トヨタ戦争」ですね。この戦いでは両勢力がトヨタ製のピックアップトラックでテクニカルを作って戦った事でこんな名前がつきました。オプションで機関銃の代わりに迫撃砲も積んだりします。
ちなみにテロリスト曰く「対空機関銃みたいなでっけーのはアメリカ車、迫撃砲や機関銃みたいなのは日本車がベストだZE!」だそうな。丈夫で品質がいい事がこんな事で喜ばれるとは・・・

この映画は事実を元にしているので全編戦闘尽くしです。しかも本物のレンジャー隊員(実際に戦場で戦った)に思い出して足がすくんだと言わしめたリアルさですので、戦争映画好きにはオススメです。
銃の撃ち方の違いなんかはそれが良く現れてていいですよ~。※2

※1(ファストロープとラペリングの2つがある。前者は本当にロープだけで降下するので、降下直後から行動できる反面落下する恐れもある。後者は安全環があるので安全に降下できるが、降下後その安全環の処理に時間をとられる)

※2(民兵が乱射に対して米軍は2発ずつ位で小刻みに攻撃する。単発の方が精度が上がると言うのもあるが、元々30発程度しか無い弾をフルオートで撃つのは無茶と言うもので、援護射撃位でしかそんな撃ち方はしない。3点バーストが生まれたのも新兵がフルオートのコントロールが出来ずにすぐ弾を撃ってしまうから。ちなみに撃ちまくるのはそれが役目である軽機関銃のみ。軽機関銃は弾幕を張ったり攻撃を牽制したりして敵に頭を上げさせないのが主な仕事)
スポンサーサイト

theme : ■PLAYSTATION®3
genre : ゲーム

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

スミレ

Author:スミレ
どうもスミレです。
FPSからTPS、アクションに少しRPGなどタコのように手を広げて遊んでます。

・画像はクリックで拡大できます。一部の画像は拡大しないと楽しめないかもしれないので

・その他何かあればメールフォームへ。

・PS3IDのやりとりはセキュリティの都合でメールを使いますのでパソコンのメールで私に連絡ください。

管理人はかなりアニメ見てます。故に暴走した記事がたまに見られますが生暖かい目で見守ってください・・
細かいプロフィールはカテゴリからどうぞ。
pixivにアカウントを持っていますが、絵は描けません。

・基本的にフレンド登録は大歓迎です。ゲーム中やどこから聞いた等でPSIDを知った方は、登録依頼に自分の表示ネームとどこでIDを知ったか、若しくは私と知り合ったかを明記して送ってください。

・ブロ友登録、リンクはフリーです。一言言ってもらえると嬉しいですが、まあ余り変な事でなければお構い無しにリンクしてもOKです。

・小説は2次創作です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
時計はこんな感じで
FC2カウンター
歴史を刻む・・
バナー付きリンク
検索窓はコッチ
調べ物はここから
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

一応参加中でゴザンス
雲隠れ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「衛星がターゲット映像を通信します」
フッフゥ~♪
最新トラックバック