恨み帳

どうもリーフの女王は暇人なのか余程恨みが強いのか、いつどこで誰が何をしたのかを詳細に書き残しているようです。

おかげでまだまだ指名手配犯の抹殺命令が止まりません。

そんな余裕があればもうちょっと被害を減らしつつ撃退できたんじゃなかろうか・・w

一方の手配犯の方は潜伏している身のためか、かなり慎重で味方が相当数殺害されないと顔を出しません。やられてるフォールンとは所属が違うはずですが、やっぱり同胞は気になるんですかね?
同じフォールンでもウルブズは他の連中がどうなろうが知ったこっちゃないってスタンスですし、結構考え方は違うらしい。

ただ、味方を助けようと乗り込んだものの武器を奪われて、その武器で自分が粉にされるというマヌケを晒してしまうので頭は今一歩足りない。
あれでも、一応ベックスを利用できるくらいには頭がいいはずなんですがw

今となっては、世界中のガーディアンが報酬欲しさにかき集めた技術と情報によって、アーキのおっさんやガーディアンがどんどん強化されてますから、最初にあったベックスが殆ど未知の状態だったという設定は忘れられています。

あっさり解読不能と言われたカギを開けちゃったり、未知の領域に踏み込んでも解析や分析を平然とやっちゃうメタル目玉の親父がいながら、今の今まで全然敵に太刀打ちできなかったのが不思議ですが、ある意味これで本来の道に戻った?

むしろ相手の星へ乗り込んで侵略が始まりそうな勢いですけど。

そういえば、ベックスやフォールンに母星とかあるんですかね・・・。どこから来てるか分からないと、この先も延々と戦う羽目になるのでそろそろ供給元を叩く準備をした方がよろしいかと。

カバルは明らかにどこかの星から侵略のために艦隊を送ってきました、って感じなのでキルゾーンみたく相手の星に乗り込んでってなりそうですが、ベックスは変なコンピューターネットワークか時空の果てみたいな場所に行かなければならなくなりそうで、ガーディアンが電脳化されて戦うとか言い出しそうで厄介。
フォールンはリーフとの抗争と、内輪もめで勝手に崩壊していそうであまり大規模な戦闘にならない気がしないでもないw

ハイブは見た目が船を操縦とかそんな事を出来そうに見えないんですが、司令塔がどこかから運んで来たりするんでしょうか?

もう月を攻略したら壊滅状態みたいになってて、増援が望めなさそうな感じ。

もしかしたらフォールンみたいにクロタ以外の、また別な勢力がいてそいつが乗り込んでくるってパターンもアリですがそんな漫画にありがちな、「オリックスサンは我らハイブ四天王の中でも最弱・・」みたいな展開をされるとキリがない。

クロタそのものが登場して打ち止め、そいつを倒したらハイブさようならが〆としてはすっきりでしょうな。

-----------------

がっこうぐらし!というアニメがついにスタート。コミックスからのアニメ化で、ほのぼの日常系カワイイキャラサバイバルアニメとなります。

ええ、何も間違っていませんよ。サバイバルです(#゚Д゚)ゴルァ!!

全く遠慮なくネタバレありで言いますと、ゾンビがはびこる街で生き残った女子高生たちが学校でサバイバル生活をすると、まあこういう作品です。

ほのぼの日常系というのは、そのサバイバル生活は名目上学園生活部と言うゆるゆりのごらく部のパワーアップバージョンのような、学校で生活すると言う部活動として行われていて、その中での生活がほのぼの日常系と言うわけです。

で、何故そんな事になっているのかと言えば主人公の妄想に合わせつつ前向きに生き抜くためなんですけども・・・。

本作の主人公、アニメで第1話しょっぱなからぶっ飛んでおります。文字通りの意味で(; ・`д・´)

我々がそれに気付くのは中盤以降まで見てからになりますが、このほのぼのとした生活は実は主人公の妄想の中であって、現実は主人公一行らを除いて学園内の生徒教職員は全員死亡、今いるのは元人間だったゾンビだけという凄まじいものw

ぶっ飛んでいるというのは、ずばりゾンビが蔓延する過程でショックで幼児退行を起こした上に妄想の人物と会話し、妄想の中で教室の生き残り以外のクラスメイトや先生と一緒に授業を受けているという、中々に強烈な状態。
第1話からカウンセラーと精神科医、薬が必要な精神状態の主人公という全く持ってほのぼのもヘチマもない、世紀末ヒャッハー前段階の不穏さしか漂っていないw

同じ学校の生徒だったゾンビの頭をスコップでホームランする鉄分豊富なシーンを、やわらかなキャラクターで覆い隠そうとして隠せていない何とも恐ろしげな真っ黒アニメですハイ。

ただし、そういうものだと分かってしまえばキャラクターもサバイバルも楽しめて面白そうな作品ですから、最初のショックさえどうにかなれば後はひらすら温かい目で画面を見つつじっくり観賞できます。
公式サイトや本編中の細かな「におわせ」ギミックを探す、間違い探し要素も含んでて伏線探しや色んな推理がはかどる作品でもあるので、妄想や想像が膨らみます(`・ω・´)シャキーン

幸いなのは、今の所ゾンビは濃い黒オーラに包まれてたりぼやけてたりで、はっきりくっきり描写されていない事w。もはや真実を知ってしまった人間には何の意味もないですけど・・・。

で、さっそく指摘されているのはこの作品に出てくるゾンビが今までのゾンビ系作品の中でも、かなり弱い存在であるという点です。

スコップで頭がかっ飛ぶというのはゾンビにありがちなんですが、スポーツ系元気女子高生のスイングでホームラン可能な程体が脆い、運動能力が低すぎて階段を上がるのも一苦労というお年寄り状態、更にロープで机を組み上げて縛っただけのバリケードを突破できないなど一般的に思われているゾンビと比較すると軟弱なのは確実なようで。

バイオ系ゾンビは窓に打ち付けた板を突き破っておどかしたり、障害物になりそうなものを積み上げただけのバリケードを突破したり、のろいと言われつつ結構人間の近くまで寄ると動きが速い(噛み付き動作に入ると避けられない位に)と、意外としぶとく厄介な一般ゾンビが出ます。キノコ系ゾンビは頭からキノコを生やしながら異常な怪力で襲い掛かってくる、かなり足が速い、常に全力で走ったり襲ったりと完全に暴走と呼べる厄介極まりないものでした。

しかし、ここのゾンビは光や音に反応したり咬まれると感染といった、基本的な要素を持ちつつひとつひとつの動作が緩慢で、獲物たる人間を見つけてもゆっくーり振り返ってゆっくーり襲ってくるスローライフゾンビです。
ここまでだと、かなりの数がまとまっていても走り抜けたりスコップ無双乱舞で戦ったりできるので、地域丸ごとレベルで感染が瞬時に蔓延して、状況を把握する暇がなく大量のゾンビが生まれる状況が連鎖的に起きないと辺り一面壊滅と言うまでゾンビが広がるのは難しそう。

ゾンビとしての繁殖力は一般人で阻止可能なレベルに思えます。思い切りと開き直り、生き残るためならという理由付けがなされれば、角材でも鉄パイプでも持った人間に退治されそうでw

作者はただのゾンビバトルものにせず、精一杯日常生活を生きていく事に重点を置きたい作品のようなのでゾンビがそこそこのスペックになっているのかもしれませんね。ゾンビの強さと生き残りの強さ、そして画面の鉄分と暴力成分は比例しますし。

バイオ系ゾンビを相手にし続け、もはや訳の分からない化け物まで相手にするクリスマッチョはグーパンチで人を殺せる程に筋肉進化、完全武装の吸血鬼と何万と言うグールを相手にする神の代理人はこれまた生身で吸血鬼と殴り合うまでに進化した挙句、奇声を上げながら亡者の群れの中でグルングルンとバイヨネット・ダンス。

彼らなら間違いなく、ひとりで街中のゾンビを狩り尽くしてくれるでしょう。








スポンサーサイト

物理と科学で殴る

ちょっと前に新しくリメイクされたドラえもんの映画、のび太の大魔境が地上波で放送されました。

旧作は全て、新作は一部除いて見てきたドラえもん映画なんですが漫画版から見ていると技術の進歩と言うものをひしひしと感じてきます。

ここからは超が付く野暮な突っ込みと夢のぶち壊しに走ります!

---------


大魔境で犬の国があったのはヘビースモーカーズ・フォレストという常に雲が覆ってる場所で、衛星写真が撮れないが故に今まで見つからなかったそうですが、今はレーダーで地上の様子を探る事が可能になってその識別能力も1m程は既に達成されているので、曇りだろうが何だろうが見えるものは見えるとw

あれほど発達した建造物があれば、どこかでレーダーを当てられたらバレるでしょう。特に鉱脈探しで衛星を活用するような時代では、アフリカの奥地でも油断ならぬ。

およそ5000年前に空飛ぶ船、火を吐く車を発明してた割に現代の兵士が持つ武器が剣や盾で移動手段がブタッ鼻の馬みたいな乗り物だったりと、文明の発展はのんびりしてる犬の王国ですが野心だけは一人前のようで、大臣のダブランダーがクーデターを起こして国王を暗殺した後、王子は病死と偽装して抹殺を図った所から映画へと繋がります。

しかし、人間の国があるとは信じられなかったと王子は語っていましたがそれ程に外の世界の事は知られていないのに、敵を知らないまま侵略をして、世界を手中に収めようと本気で考えるダブランダーは典型的な独裁者思考と言えましょうかw。

だって火を吐く車は今で言う火炎放射戦車、空飛ぶ船は生身の乗組員がむき出しのヘリコプターですよ?古代兵器を復活させたからこれで世界を征服、というのはありがちな話ですがもう少し外の世界を調べてから野望を持つべきかと・・・。

ちなみにどっちの兵器も木造です。攻撃方法は火炎放射、乗ってる兵士が手でポイ捨てするように投下するタル爆弾のみで新作映画では遠吠え砲という謎のビーム砲がついています。

そして兵士の武装は槍と剣、盾に西洋式の鎧と兜ですから中世ヨーロッパの騎士みたいなものと考えればいいかもしれません。

こんな装備なのに外の世界にどんな敵がいようと恐れるに足らぬと、ダブランダーは笑っていましたがいっそ現実を思い知るまで放置しておいて、如何に人間の世界が恐ろしい物なのかを体感してもらうのもアリだったかも。

火を吐く車や空飛ぶ船を蹂躙するRPGを片手にした民兵、テクニカルに乗ったゲリラ、戦車を乗り回すテロ組織、先進各国の介入を許せばロマン武器アヴェンジャー30mmガトリング砲でそれはもう悲惨な目に・・・。
戦車や対戦車兵器を持ち出すまでもなく、木造の車体は重機関銃でバラバラにされるでしょうから火炎放射の射程の短さは致命的。空飛ぶ船に至っては手で爆弾を放り出す以外に、地上への攻撃手段がないのでこれも遠くから狙い撃ちでしょう。

恐らく最初は奇襲でいくつかの街や村を制圧できるかもしれませんが、その内周辺から敵である事を認識されて本格的に反撃が始まれば数日と持たずに兵力は激減して、内部から軍が瓦解するか現代兵器の威力を見てこんなものと戦ってなるものかと、クーデターが起きてダブランダーが失脚して幕引きと。

もう夢も冒険も無い、リアルすぎるただの世界史と成り果てた・・・w

こち亀でも迫撃砲で鬼ヶ島を爆撃する桃太郎が出ていましたが、現代の科学で昔話に切り込むと言うのは考え始めると中々面白い物ですな。

桃太郎ならまず桃を拾ったら自撮りからのツイッターは鉄板。

かちかち山なら背負った薪に火を点けるのは、キャンプ御用達の着火剤をぶちまけてチャッカマンを手にしたうさぎだとか。
プロフィール

スミレ

Author:スミレ
どうもスミレです。
FPSからTPS、アクションに少しRPGなどタコのように手を広げて遊んでます。

・画像はクリックで拡大できます。一部の画像は拡大しないと楽しめないかもしれないので

・その他何かあればメールフォームへ。

・PS3IDのやりとりはセキュリティの都合でメールを使いますのでパソコンのメールで私に連絡ください。

管理人はかなりアニメ見てます。故に暴走した記事がたまに見られますが生暖かい目で見守ってください・・
細かいプロフィールはカテゴリからどうぞ。
pixivにアカウントを持っていますが、絵は描けません。

・基本的にフレンド登録は大歓迎です。ゲーム中やどこから聞いた等でPSIDを知った方は、登録依頼に自分の表示ネームとどこでIDを知ったか、若しくは私と知り合ったかを明記して送ってください。

・ブロ友登録、リンクはフリーです。一言言ってもらえると嬉しいですが、まあ余り変な事でなければお構い無しにリンクしてもOKです。

・小説は2次創作です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
時計はこんな感じで
FC2カウンター
歴史を刻む・・
バナー付きリンク
検索窓はコッチ
調べ物はここから
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

一応参加中でゴザンス
雲隠れ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「衛星がターゲット映像を通信します」
フッフゥ~♪
最新トラックバック